[芸能] チャン・ドンゴン&チョン・ウソン&ソン・ヘギョ、中国映画祭に総出動!

チャン・ドンゴン、チョン・ウソン、ソン・ヘギョ、パク・シネ、トニー・レオン、チャン・ツィイーなど、韓中映画界のトップスターが16日、汝矣島(ヨイド)に総集結する。

韓国と中国の映画界を代表するスターたちは、16日午後5時・CGV汝矣島で開かれる「2013中国映画祭」の開幕を祝うために集まる。

ソン・ヘギョ、トニー・レオン、チャン・ツィイーなどは、開幕作に選ばれたウォン・カーウァイ監督の『日大宗師』上映に合わせて開幕式に参加する。チョン・ウソンは2009年に広報大使を引き受けて、同映画祭と縁を結んだし、チャン・ドンゴンは昨年の映画『危険な関係』に、チャン・ツィイーと共に出演するなど、中国映画界と格別の関係を続けている。

彼らの他にウォン・カーウァイ監督、チソン、キム・ジフンなど、トップスター俳優も出席者の名簿に名前を上げた。チョン・ジョンミョンは「2013 中国映画祭」の広報大使に委嘱されて、その席を輝かせる予定だ。韓国と中国を代表する映画関係者が、友愛を分ける出会いの場として期待を集めている。

このように多くのトップスターが一ヶ所から集まるのは、とても異例的だ。同映画祭の開幕作である『日大宗師』が、韓国で人気が高いウォン・カーウァイ監督の新作であり、韓中最高の俳優が共にした映画なので、可能なことと解説されている。

同映画祭を主管するCJ E&M関係者は「中国内で韓国映画と俳優ブームが吹きながら、韓国俳優にも中国映画界と中国映画は大きく注目する場所になった」と同映画祭の急成長する背景および、関心が集中している理由を説明した。

CJ CGVとCJ E&Mが主管する「2013 中国映画祭」は、韓中文化交流のために2006年からスタートして今年で5回目を迎える。今年は16日~20日、ソウルCGV汝矣島と釜山(プサン)CGVセンタムシティで同時開催される。「中国映画最高の顔に会う」というタイトルで、最新作11編を紹介する。

写真提供=CJ E&M


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 12日 14:30