[芸能] 歌手キム・ボムス、芸能番組の収録中に膝を負傷…「続行は経過を見て」

歌手キム・ボムスが“裸足の友達”の撮影中に膝を負傷して入院した。

11日、SBS(ソウル放送)の『日曜日が好き-裸足の友達』(以下、裸足の友達)の演出を担当しているチャン・ヒョクチェPDは、韓国日刊スポーツとの電話で「キム・ボムスが10日午後、“裸足の友達”撮影中に負傷した。プールでダイビングに挑戦する前、体育館にあるトランポリンで体をほぐすのをかねてジャンプの練習をしている間に起こった」と明らかにした。

さらに「偶発的な事故だった。普段のキム・ボムスはクロスフィットをするほど運動神経が良いほうなのに、突然足が絡まってケガをしてしまった」として「現場で応急措置を受けた後、病院に移されてMRIをはじめとする検査を終えた。現在、正確な診断結果を待っているところ」と伝えた。

キム・ボムスも11日、自身のツイッターに「私の行き過ぎた情熱のために多くの方々に心配をかけましたね。体は大変でも心だけは穏やかです。私よりさらに重苦しい気持ちで大変なスタッフたちと、自分の事のように心配してくれた愛する“裸足の友達”のメンバー。たくさん応援して下さい。“裸足の友達”がんばって」という文を残した。

所属事務所の関係者は「キム・ボムスの負傷は、十字靭帯の損傷と思われる」として「キム・ボムスが“裸足の友達”を通じて初めての芸能プログラムに挑戦している間にこんなことが起こってしまい大変遺憾だ」と明らかにした。“裸足の友達”制作スタッフとキム・ボムス側は、診断結果が出た後に収録続行の有無を決めるという立場だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 11日 17:32