[ドラマ] 「本当の男」リュ・スヨン、演技とバラエティみな捉える…『Two Weeks』合流

「本当の男」リュ・スヨンが、演技とバラエティで2足のわらじを履く。

MBCバラエティ番組「本物の男」を通じて、バラエティ感を誇っている俳優リュ・スヨンが本業に戻る。

11日リュ・スヨンの所属事務所は、リュ・スヨンがMBC新ドラマ『Two Weeks』の出演を確定して、4日に行われた台本リーディングに参加したと明らかにした。

『Two Weeks』は意味のない生活を送って殺人寃罪をこうむることになったチャン・テサン(ィ・ジュンギ役)が、白血病を病む娘を生かすために孤軍奮闘する2週間の話を描くドラマで、イ・ジュンギ、キム・ソヨン、パク・ハソン、チョ・ミンギなどが先に出演を確定していた。

このドラマでリュ・スヨンは、警察家出身の検挙率1位を自慢するエリート刑事イム・スンウ役を演じる。殺人寃罪をこうむって逃亡するチャン・テサンを追う熱血刑事で、ソ・インヘ(パク・ハソン役)を間に置いて、イ・ジュンギと三角関係を形成して劇に緊張を吹き込む予定だ。

リュ・スヨンが8月放送予定であるドラマに出演を確定しながら、「本当の男」降板の有無に対する関心が傾むいている状況。

これに対して所属事務所関係者は「リュ・スヨンが『本当の男』と『Two Weeks』どちらにも愛着が強い。幸いに両者の製作スタッフ側で配慮するようにして、2種類の活動を並行できるようだ。無理が行かない線でスケジュールを調整して、進めていく予定」と明らかにした。

リュ・スヨンは「デビュー以来、刑事の役は初めてなので緊張もするがときめく心が大きい。男らしいキャラクターを演じたかったところに、今回の作品に会った。今までお見せできなかった新しい姿をたくさん見せられるようで、たくさん期待している」と感想を伝えた。

引き続き「ギリギリな日程にもかかわらず、僕の欲に合わせて配慮してくれた2つの番組の監督とスタッフの方々に感謝する。どちらにも迷惑をかけないように、最善を尽くして一生懸命活動する」と抱負を明らかにした。

一方、MBCドラマ『Two Weeks』は、12日初放送される『女王の教室』後続作品として8月中に放送予定だ。

写真提供=ウィルエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 11日 10:36