[映画] キム・スヒョンの興行力…初主演作、封切り5日で300万人突破 (2)

<“純粋さ・タフさを等しく備えた顔”に評価>

カン・ソンリュル教授はキム・スヒョンの興行力に注目した。彼は「過去のハン・ソッキュなどには及ばないが、現在若い俳優の中で最も引き立って見えるチケットパワーを持っている」と話した。最近これという新しい興行俳優がいなかった忠武路(チュンムロ)で目につくのだ。

キム・スヒョンは2011年にテレビドラマ『ドリームハイ』で音楽に優れた高校生の役で名前が知られた。特に昨年『太陽を抱く月』では幼い時期の愛を忘れることができずにさまよう君主イフォン役で中高年の女性視聴者までひきつけた。

引き続き封切りした映画『10人の泥棒たち』ではチョン・ジヒョンの相手役として注目を浴びた。

『隠密に偉大に』のマーケティングを引き受けたDelight側は「劇場の出口調査の結果、10代~30代の女性観客の選好度が特に目立つ」と伝えた。

『隠密に偉大に』は、映画振興委員会の集計でも8日までに封切り4日で観客277万人を記録した。歴代4日目の最高記録だ。今年の『アイアンマン3』や昨年の『10人の泥棒たち』のような興行作が4日で集めた観客数(それぞれ262万人、211万人)を上回る。先立って観客数100万人は封切り36時間で突破し、韓国殉国烈士の日の6日は1日で91万9000人を動員した。100万人突破の速度は歴代最高、1日観客数は韓国映画の新記録だ。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 06月 10日 15:20