[K-POP] SS501、デビュー8周年祝い「永遠にSS501応答せよSS501」

人気グループSS501が、デビュー8周年をむかえて記念動画を公開した。

SS501のパク・ジョンミン、キム・ヒョンジュン(マンネ)、ホ・ヨンセン、キム・ギュジョンは8日、デビュー8周年の記念動画を公開。メンバーは公開した動画で「デビュー当時19・20歳だった僕たちが、ファンと共に8年という時間を共にして成長できた。幸せで感謝する。今後も共に年を取っていって、さらに長く共にしよう」と感謝のメッセージを送った。

SS501のファンは先月末、メンバーのデビュー8周年を祝うメッセージと、活動当時の写真のラッピングバスを製作してプレゼントした。明洞(ミョンドン)、江南(カンナム)、弘大入口(ホンデイック)駅など、ソウルの主な市内を運行するバスにイベントを行って、8周年のお祝いに出た。

また、ファンはSS501デビューから、活動当時の1位のヒット曲および主な活動をもう一度整理して、共に記憶するイベントなど、様々なお祝いイベントを続けている。

これに対し、ホ・ヨンセンは「長い時間が流れて年も取った。長い間愛してくれて感謝する。最後まで信じて待っててくれるファンがいるので、頑張れる」とメッセージを残した。キム・ヒョンジュンも「今後さらに一生懸命にして個人活動だけでなく、いつか5人と共に良い歌、良い知らせを伝える。賞味期限のないSS501になる」と話した。現在、軍の服務中であるキム・ギュジョンは「服務を終えて帰ってくる」という短いながらも意味の深い感想を明らかにした。

最後にパク・ジョンミンは「今後、色々な方面で活動するので見守ってほしい」とお願いの挨拶を聞かせた。リーダーのキム・ヒョンジュンは、スケジュール問題で参加できなかったと知らされた。

一方、SS501はDSPメディアで企画製作した5人組男性グループで、SSは「スーパースター」を、501は「5人のメンバーは永遠にひとつ」という意味を持つ。SS501は2005年6月8日「警告」でデビューし、「Never Again」「Snow Prince」「Deja vu」「Love Like This」など、多くのヒット曲を残して韓国だけでなく、アジアでも大人気を集めた。

SS501は各メンバーが所属を別にしているが、SS501というグループ所属関のきずな関係を常に維持している。現在キム・ヒョンジュン(リーダー)はキーイースト、ホ・ヨンセンとキム・ギュジョンはB2Mエンターテインメント、キム・ヒョンジュン(マンネ)はS-Plus Entertainment、パク・ジョンミンはヤマハA&Rに所属して活動を続けている。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 10日 14:59