[K-POP] SISTARカムバック予告、大ヒット曲続くか

「あなたなんて」「私ひとり(Alone)」などをヒットさせて、歌謡界にすっかり定着したガールズグループSISTAR(シスター)が、6月歌謡界にカムバック宣言をした。果たして、彼女らは再び頂点に上がられるだろうか。

SISTARは7日午前0時、所属事務所スターシップエンターテインメント公式Youtubeチャンネルを通じて、新曲「GIVE IT TO ME」のミュージックビデオティーザー映像を公開。ファンから爆発的なクリック数を集めている。

公開された映像には、映画『ムーラン・ルージュ』のディバに変身したメンバーが、20人のダンサーと歩き出す壮観を演出して注目を浴びた。特にK-POP史上初の巨大なセット場で、ひとつの大作ミュージカルをイメージさせるパフォーマンスは、差別化された感覚的な映像美を提供して、ファンからの注目を惹ひきつけるのに成功した。

2年ぶりに発売される2ndフルアルバムのタイトル曲「GIVE IT TO ME」は、去年「LOVING U」を通じて幻想的なコラボレーションを披露した、イダンヨプチャギが作曲、キム・ドフンが編曲した。

SISTARの元気なセクシーさを維持しながらも、ボーカルの訴える力を最大化して、さらにアップグレードさせた魅力を見せると期待されている。

一方、SISTARは11日同アルバムの発売に先立ち、合井洞(ハプチョンドン)・アートセンターでのショーケースを皮切りに、本格的な活動を始める。

写真提供=スターシップエンターテインメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 07日 15:43