[芸能] チョ・インソン&チャン・ヒョクの演技師匠アン・ヒョクモ、「スターの演技秘法は?」

「チャン・ヒョクとチョ・インソン、実は...」

チョ・インソンの演技師匠である俳優アン・ヒョクモが、スターの演技秘法を公開する。

7日午後8時50分、ケーブルチャネルtvN「スター特講ショー」にアン・ヒョクモが出演。演技講師としてのビハインドストーリーと、演技のノウハウを伝える。

アン・ヒョクモは、ソン・ジュンギ、チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク、チェ・シウォン、チェ・ミンホなど、数多くのトップスターを含む110人の弟子を育てて、業界最高の演技師匠と定評があった人物だ。また、20年間演劇界に身を置いて、1,500回公演を熱演した俳優でもある。

この日の放送で、アン・ヒョクモは「ツライと言う人に『君はチャン・ヒョクほどしてみたのか』と話す。初めて会った時、チャン・ヒョクは目力が強かったが、話もよくできない緊張の塊りであった。しかし、授業が夜11時に終われば、その後から僕を捕まえて、日が昇るまでしつこく練習した。結局、僕が先にストレス性過労で下血をおこした。『チャン・ヒョク性過労』だった」として、チャン・ヒョクの演技に対する情熱を伝える。

これと共にチョ・インソンに対しては「除隊後の復帰作に選んだのが『その冬、風が吹く』だった。僕と人物像に対して議論して、方向とトーンをつかんでいる時だった。言い慣れないセリフと、とても小さな反応にも絶えずリアクションしなければならない、繊細で精巧な演技に対するプレッシャーから、『この作品、やめようか…』として気の迷いを見せたことがあった」としてビハインドストーリーを公開した。

写真提供=tvN


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 07日 15:20