[ドラマ] コ・ヒョンジョン、新ドラマで強烈なカリスマを見せる

女優コ・ヒョンジョンが、新ドラマの劇中キャラクターが、過去に演じたMBCドラマ『善徳女王』の「ミシル」のキャラクターを思い出させるという指摘に一理があるとして、教育界のミシルになるかもという考えを明らかにした。

4日午後、ソウル・汝矣島(ヨイド)63シティで開かれた、MBC新ドラマ『女王の教室』製作発表会後に行われたインタビューで明かした。

この日コ・ヒョンジョンは「この作品の出演を決める時、悩みをなかった。最近では見たことのないキャラクターで気にいった。しかし、台詞に力があって強い役なので『ミシル』を思い出させることになるだろう」と付け加えた。

コ・ヒョンジョンはまた「『女王の教室』の企画案が業界に出回るという噂を聞いて、私が先にしたいという意思を表わした」と、作品に対する格別な愛情を表わした。

12日初放送される同ドラマは、冷酷な性格の女教師マ・ヨジンが、小学校の先生として赴任してきた後に広がるエピソードを描いたドラマ。2005年放送された同名の日本ドラマをリメークした作品だ。

コ・ヒョンジョンが演じるマ・ヨジンは、どの瞬間にも動揺しない冷酷なカリスマの所有者で、ベールに包まれた2年の空白期間を過ごした後、サンドゥル小学校6学年3班の担任として赴任する人物だ。

写真=ホ・ジョンミン記者


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 05日 15:24