[K-POP] CLのムービーにG-DRAGON&SOL出演「自分たちが楽しくなった」

ガールズグループ2NE1(トゥエニィワン)のCLが、初ソロ曲のミュージックビデオに共に出演した、BIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(ジードラゴン)とSOL(テヤン)について語った。

3日、ソウル・西橋洞(ソギョドン)で行われた初のソロアルバム『THE BADDEST FEMALE』の発売記念インタビューで、ミュージックビデオ撮影当時のエピソードを伝えた。

今回のアルバムには、同じYGエンターテインメント所属のG-DRAGONとSOLが、ミュージックビデオに共に出演して義理を誇示した。

3人が共同作業した同ミュージックビデオの撮影現場について、「とてもおもしろかった。先輩たちだけでなく、本当に多くの方がミュージックビデオの撮影を助けてくれた」と話した。

CLは「ミュージックビデオのミーティングをする時、お兄さんたちも一緒にいたが、その時『遊びに来てください』と話したところ、本当に遊びに来てくれた。私もお兄さんたちも仕事をしにきたというより、遊びに行って来たようだと話してくれたよ。親しいので現場に来てくれたが、実際に私は特別気をつかわなかったし、自分たちでさらに楽しくなったのを思い出す」と当時を回想した。

CLのミュージックビデオでG-DRAGONとSOLは、音楽に合わせてダンサーらと共に自然に踊る姿を見せている。一瞬の登場だったが、彼らは圧倒的な存在感を見せて、CLの「THE BADDEST FEMALE」と絶妙の調和を作り出して注目を集めた。

写真=YouTube画面キャプチャー

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 04日 15:25