[K-POP] B1A4ジニョン「著作権協会に登録された歌は13曲!著作権収入は?」

アイドルグループB1A4(ビーワンエーフォー)のリーダージニョンが、著作権協会に13曲も登録させた作曲家である事実を明らかにして、関心を集めている。

ジニョンは最近行われたMnet「ビートルズ・コード2」の収録で「現在、著作権協会に登録された曲だけで13曲にもなる」と明らかにして注目を浴びた。この日ジニョンはB1A4のメンバーと、ガールズグループSecret(シークレット)と共に出演した。

ジニョンは最近歌番組で1位を取った「これはどういうことだ」を含む、B1A4の歌の大部分を作詞作曲する実力派アイドルだ。tvN木曜ドラマ『優雅な女』に出演し、演技力も披露して多才多能なセンスを見せている。

作曲家としての力量を発揮し、著作権の収入も結構上げていると期待されて、さらに関心を集めた。ジニョンは番組MCのタク・ジェフンとシンドンが、著作権料の収入に対して質問すると、「正確に分からない」と答えながらも、余裕がある表情になって爆笑をさそった。

一方、B1A4のゴンチャンは「浜辺のほとりで夕陽が沈む姿を見ながらキスしたい」と、ファーストキスに対するロマンを明らかにした。「恋愛経験がなくてまだチューもしたことがない」と明らかにしたゴンチャンは、「(ファーストキスの感じは)とてもうっとりするようだ」と話して、純粋な魅力を誇った。

この日「ビートルズ・コード2」の人気コーナー「音楽学概論」では、Secretのソナとハナが、少女時代の「GENIE」を、B1A4のサンドゥルがトゥゴウンカムジャの「告白」を歌った。SecretとB1A4が共にする「ビートルズ・コード2」は、3日午後6時放送される。

写真提供=Mnet


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 03日 17:57