[K-POP] 少女時代などが所属するSMエンタ、売り上げ減少原因は?

韓国内の最高マネジメント企業SMエンターテインメント(以下SM)が第1四半期の売り上げ332億(約29億5500万円)ウォン、営業利益77億ウォン(約6億8600万円)を記録した。連結基準では売上額500億ウォン、営業利益51億ウォンとなった。

資料によれば売上額の主な減少要因は、第2四半期以降にコンサート日程が集中することに伴う公演売り上げ不在による売上額の減少だ。

連結実績に関してSM C&Cは映像コンテンツ製作のための初期投資費用の支出によって若干の損失を記録したが、最近フンメディアと合併するなど映像製作事業の拡大に拍車をかけている。ドラマ・映画・バラエティー・テレビ番組など本格的な製作事業およびMC・演技者マネジメント事業・ゲームなどそのほかの付加事業も積極的に推進している。今年の年間売り上げ・利益に大幅な成長を期待している状況だ。

SMジャパン(SMJ)の場合、第1四半期に経営システム構築などのために一時的に費用が集中投資され損失を記録した。3月が会計決算基準日であるSMJの2012年の年間営業利益は100億ウォンを超過し好実績を記録した。SMは、成功裏に終えた少女時代の日本アリーナツアーや4月から始まった東方神起の日本ドームツアー、海外歌手の初のスタジアムコンサート、SMタウンライブなど第2四半期以降に大規模コンサートが多数予定している。

関係者は「音楽のほかにもゲーム・ホログラム・Vコンサート・ドラマ・教養プログラムなどの多様なコンテンツ製作を通した事業部門の拡大を通じて持続的な成長の勢いを維持しながら、多様なコンテンツを活用した売り上げの多角化による収益性の改善が予想される」と明らかにした。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 30日 16:39