[K-POP] 2PM、新曲で日本チャート席巻…“底力の野獣アイドル”

2PM(ツーピーエム)の6枚目の日本シングルが現地チャートを席巻している。

29日、日本で発売された2PMのシングル『GIVE ME LOVE』は発売直後にタワーレコードのデイリー販売チャート1位をはじめ、予約チャート1位までさらった。オリコンのデイリーランキングでは、日本アイドルの嵐に続いて2位に入り、熱い人気を感じさせた。

『GIVE ME LOVE』は2PMの強烈ではあるが抑え目の男性美を感じられるダンス曲だ。4月19日から放送されたTBSの人気金曜ドラマ『TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~』のメインテーマ曲になり、大きな話題を集めていた。またカップリング曲である『Falling love』はジュンケイの自作曲で、着信音サービス公開直後にはレコチョクランキング1位を占め、タイトル曲に引けをとらない熱い人気と関心を集めている。

それだけなく、タワーレコード予約ランキングでは、2PMがニューシングルで首位をさらうとメンバーのジュノによるソロアルバムが2~3位を占め、続いて2PMのアルバムリリース後にはジュノのソロアルバムも予約1位に入るなど、“野獣アイドル”2PMに対する期待と関心を立証することになった。

ニューシングル『GIVE ME LOVE』のプロモーションのために日本にとどまっている2PMは、現地でこのニュースを聞いて喜びを隠しきれなかったという。2PMは「多くの方々の大きな愛と関心で、タワーレコード1位とオリコンランキング2位という素晴らしいニュースを聞けることになった。とても嬉しくて胸がいっぱい」と感想を伝え、「常にさらなる努力でベストを尽くす2PMになりたい。ありがとう」と感謝の言葉をファンの元へ届けた。

一方、2PMは日本プロモーションを終えて30日午前に韓国に帰国する。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 30日 15:07