[K-POP] 歌手シン・スンフン「チョ・ヨンピルさん、最高!」…アルバム準備にはずみ

“ポスト”チョ・ヨンピルと言われている歌手のシン・スンフンが、“歌の王”チョ・ヨンピルに尊敬の念を示した。

大韓民国を代表するシンガーソングライターのシン・スンフンは、チョ・ヨンピルが最近、シンドロームに近い活躍をしていることに深い感銘を受けた。最近ではシン・スンフン自身も新しいアルバム発表を急いでいる。

現在出演中のMnetのサバイバルオーディション番組『ボイスコリア』シーズン2が31日に終映すれば、本格的なアルバム制作に突入する。10集以後、7年ぶりにリリースするオリジナルアルバムという点で大きな期待を集めている。

シン・スンフンは30日、韓国の日刊スポーツに「どの方向に進むべきか混沌として迷っている時、(チョ・ヨンピルさんが)10年ぶりにこうして灯台を照らしてくださった。その光がさん然と輝き、美しいくらいに遠くまで照らしていて、後輩としてただ感謝するばかり」と伝えた。

所属事務所の関係者は「チョ・ヨンピルさんとシン・スンフンさんは非常に親交が深い。『ヨンピルさんは最高だ』とよく話している。チョ・ヨンピルさんの素晴らしい活動にシン・スンフン本人も大いに力を得ているようだ」と伝えた。

シン・スンフンは厚いファン層や優れた歌唱力で“ポスト”チョ・ヨンピルに数えられている。チョ・ヨンピルもシン・スンフンを大韓民国を代表する歌手として認め、格別にかわいがっているという。

一方、チョ・ヨンピルは“歌の王”というタイトル以上の活躍を繰り広げている。29日基準で19集の販売量が20万枚を越えた。31日から6月2日まで、ソウル体操競技場で全国ツアー公演の序幕を開ける。この全国ツアーは、大田(テジョン)・議政府(ウィジョンブ)・晋州(チンジュ)・大邱(テグ)で開催される予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 30日 13:46