[K-POP] BIGBANGは日本ファン最も多く…ビッグデータで見るK-POP市場(1)

PSY(サイ)をグローバルスターにしたのはYouTube(ユーチューブ)にアップした『江南(カンナム)スタイル』の動画1本だった。K-POPスターにとって近頃最も重要なマーケティング手段はフェイスブック・YouTubeのようなSNS(ソーシャルネットワークサービス)だ。熱狂的ファンと結びつけるツールとなる。

ソーシャル音楽サービス『 muzalive』が自主開発した『ザ・ボダネット(www.theboda.net)』のベータサービスを活用して韓国内のアイドル歌手の消費形態を分析した。まずは2大企画会社SMエンターテインメントとYGエンターテインメントの事例をのぞいてみた。ビッグデータ分析を音楽市場に適用した初めての事例だ。具体的にはYGのPSYとBIGBANG(ビッグバン)、SMの少女時代とSUPER JUNIOR(スーパージュニア)を調べた。2つの企画会社の特色ある分析結果も興味深くあらわれた。

◆忠誠度の高いSUPER JUNIORファン

フェイスブックの影響力はYGの勝利であった。フェイスブックにあげたコンテンツが利用者に広がる程度は、BIGBANG > PSY > SUPER JUNIOR > 少女時代の順に高かった。たとえば4月第3週の1週間のPSYのコーナーは平均7000回超ずつ共有された一方、少女時代は平均496回の共有に終わった。「グッド」「共有」「コメント」などの書き込みが週1回以上ある“活動的(active)”ファン数も BIGBANG > PSY > SUPER JUNIOR > 少女時代 の順だった。

だが、PSYの活動的ファンのうち8割が1回だけだが、SUPER JUNIORファンは2回以上活動した比率が過半数を超えるなど忠誠度が非常に高かった。 muzaliveのイ・ソンギュ代表は「グローバル進出を目指すアーティストはファン数が多い一方、積極的な活動の比率は低い傾向がある。この比率を引き上げるのがK-POPスターの課題」と話した。

◆“ビルボード歌手”PSYと少女時代

フェイスブックの“活動的ファン”の地域分布も違った。

PSYと少女時代は英語圏(各30~31%)、BIGBANGは日本(23%)のファンが最も多く、SUPER JUNIORは英語圏(25%)・台湾(18%)のファンが多かった。ウィキペディアの言語圏別接続者も似たようなあらわれ方だった。だがPSYが『ジェントルマン』を発表した当初にはスペイン語圏の接続者が英語圏を追い抜いた。少女時代はウィキペディア英語圏のページビューが2万~3万件に達して平常時にはPSYを超えるほど圧倒的だ。

イ代表は「研究の結果、ウィキペディアのページビューは、デジタルアルバム販売と高い相関関係を持っていることが明らかになった。PSYと少女時代が米国ビルボードチャートで有意義な成績をおさめるのも同じ脈絡」と説明した。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 05月 29日 16:21