[K-POP] チャン・グンソク、日本2ndフルアルバム『他とは格が違うショーケース『列島が揺れる』

『グンチャン』チャン・グンソクはショーケースも格別だった。

チャン・グンソクが28日、東京お台場のZepp Tokyoで日本2ndフルアルバム『Nature Boy』カウントダウンショーケースを開催した。

この日のショーケースはアルバム予約をしたファンたちの中から抽選で無料招待し、ダブルタイトル曲で今回のアルバムのオープニングでもある『Nature Boy』を熱唱、ステージを熱く燃やし爆発的な反応を引き出した。

午前0時になる直前、ファンたちと一緒にカウントダウンを叫んだチャン・グンソクはアルバム発売を記念し祝砲を鳴らし、特別な活動を約束するなど更に意味深いステージにした。

またチャン・グンソクは今回のアルバムのミュージックビデオを撮影した沖縄と、アルバムの録音作業を行ったハワイなどでのちょっとしたエピソードを公開する時間を設けるなどファンたちと交流する和やかさを見せた。

特に今回の公演には夜11時35分という遅い時間に始まるにも関わらず、予想とは違い多くのファンたちが集まり2,500人定員の会場をぎっしりと埋め、500人余りが入場できない状態になった。これにチャン・グンソクは公演が終了後ファンたちのために深夜2時頃、もう一度ショーケースを行う配慮を見せ、全てのスタッフを感嘆させた。

ショーケースステージでその姿を見せたダブルタイトル曲『Nature Boy』と『Indian Summer』は真夏の暑さをさっと忘れさせてくれる涼しげなサウンドが特徴で、チャン・グンソクのアップグレードされた魅力を全て感じられる中毒性を発揮する予定。この夏再度日本を揺るがすアジアプリンスの華麗な帰還を実感させた。

なによりチャン・グンソクは今回の公演を更に華麗に飾ってくれる実力派バンド『Eastern Sidekick』との初ステージを素晴らしい呼吸で披露しただけに、これから彼らと共に繰り広げる新たな活躍に更に力が加わるか今後が注目される。

ナチュラルな印象の今回のアルバムは2曲のタイトル曲以外にも通常盤だけに収録されているチャン・グンソク作詞作曲の『Love letter』など全11曲が収録され、チャン・グンソクだけの様々なスタイルが如実に示されている。

カウントダウンショーケースを始め、チャン流ブームを起こすチャン・グンソクは30日夜10時から約2時間放送されるニッポン放送『チャン・グンソクのオールナイトニッポンGOLD』に出演する予定で、本格的な活動に拍車をかける。

写真提供=Tree Jカンパニー


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 29日 16:14