[芸能] INFINITE エル、日本で単独写真展+ファンサイン会、競争率33対1『人気実感』

フォトグラファーに変身したINFINITE(インフィニット)エルが日本で写真展及びサイン会を開催する。

28日、『ぴあ』は「INFINITEエルのフォトエッセイ『L's Bravo Viewtiful』日本版出版記念写真展が6月3日から3日間、原宿にあるスタジオで開催される」と伝えた。

今回の写真展には未公開写真を含む30点以上が展示される予定で、ファンサービスの観点から入場無料で行われる。

日本版フォトエッセイにはメーキングDVDとポスターカードが追加され、購入者を対象にファンサイン会も行う。特に400人定員の今回のサイン会には約33倍の1万3,000人を超える応募が集まり、エルの人気を実感させた。

エルのフォトエッセイ『L's Bravo Viewtiful』は日本に先立ち15日、国内で正式発売された。発売直後売り切れ、プレミア現象をおこした。

エルは今回のフォトエッセイで華やかなステージのアイドルメンバーエルではない、20代前半なら誰もが経験するであろう素朴で平凡な人生を写真と文章で正直に込めた。また写真集のあちこちに写真に対する説明を一文字一文字丁寧に書いたエルの手書きの文章も印象的だ。

エルはプロローグで「写真はエルが普通の20代になって過ごす他愛無い一日一日であり、世の中と通じ合う『方法』」だと明かした後、「僕が写真を通じて疲れた体と心を癒したように本を見る人たちもフォトエッセイを通じて癒されてもらえれば」と願いを込めた。

写真提供=Woollimエンターテイメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 29日 16:06