[芸能] 『芸能人に貢ぐ文化』韓・日・中・米はどう違うのか? ①

『芸能人に貢ぐ文化、一体このままで大丈夫なのか?』

いつからか『芸能人に貢ぐ』という単語が大衆文化全般に根深く占めるようになった。献上というのは従属国が支配国に品々を奉るという意味で、最近社会的問題として台頭した『優劣関係』の性格を帯びていることを示唆する。だんだん加熱してきているファンたちの献上、そしてファン同士での競争を巡り行きすぎだとの声が続いている。

29日午前11時40分放送のケーブルチャンネルtvN芸能情報番組『eNEWS-決定的な一発』では、『芸能人に貢ぐ文化』について集中取材した。約3ヶ月に渡り行われた今回の取材から『eNEWS』は献上の語源から現在国内の文化産業発展の阻害要素として挙げられる献上についてひとつひとつ掘り下げてみた。

この日の放送では国内歌手のファンたちに会い、『芸能人に貢ぐ文化』の実像を聞いた。また韓国をはじめ近隣国の日本、2000年代から韓国の大衆文化を倣っている中国、世界的スターが誕生した米国でもこのような『献上』文化が起きているのか詳しく見てみた。

▶韓国ファン「スターのためなら何だってする」

国内ファンたちは自分の好きなスターのためなら惜しみなく支援をする。芸能人の誕生日を始め、カムバックの日、制作発表会、コンサート、ショーケースなど各種の記念日に積極的な物量攻勢をかけている。気持ちを伝えるファンレターよりもスターが好む品物をプレゼントするのがトレンドだ。

最近誕生日を迎えたある芸能人は有名ブランドの服、帽子、靴からコンピューター、電子ドラム、ホームシアターなど高額製品のプレゼントと受け取った。『eNEWS』カメラの単独キャッチ映像で確認できる。

一部ではスターへのファンたちのプレゼント攻勢が行きすぎるとの声が上がっている。ここにスターたちが間接的にSNSを通じて欲しい品物に言及したり、マネージメントから所属芸能人が必要とする品物と提示したりする。このような姿はファンたちが『献上してくれるだろう』いう思惑だと見てとれる。

もちろん否定的な姿もあるが、唯一国内でだけ存在する『芸能人に貢ぐ文化』もある。スターの名前で米やラーメンなどを寄付する米花輪、ラーメン花輪がそうだ。

数年前まででもドラマ制作発表会会場やコンサートの入り口にはスターを祝う生花の花輪が見られた。最近になってその花輪の代わりに、スターの名前で米やラーメンを寄付する文化も新たに活性化された。

しかしここでの問題は社会還元という純粋な目的が少しずつ色褪せているということだ。私のスターが他の芸能人よりもっと寄付したことを知らせる、即ち知らしめる式の寄付が明らかになっている。競争心が生まれ『私のスターの力を見せる』の一環として寄付文化が形成されている。

ドラマ或いは映画撮影現場にスターと共に出演する俳優、スタッフたちのための食事ケータリングカーも同じ理由で行われている。『私たちのスターをよろしく』は一種の賄賂に転落しているとの意見も提起された。

記事②に続く


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 29日 14:02