[K-POP] MYNAME、1周間の日本公演で8000人の観客を熱狂

5人組ボーイズグループのMYNAME(マイネーム)が日本全国ツアーを無事に終えて“新韓流スター”に生まれかわった。

MYNAMEは今月18日の大阪公演を皮切りに、25日までデビュー後初めての日本ツアー『MYNAME LIVE TOUR 2013 ~ THE DEPARTURE ~』を通じておよそ8000人の観客と会った。今年3月末に発売された日本オリジナルアルバムでオリコンチャートのデイリーランキングと週間ランキングで3位に入ってからは公演全席が売り切れになり、熱い人気を立証した。

この日、MYNAMEのメンバーは『We Are the Night』で舞台に華やかに登場した。韓国で売り出したシングルを含めて、合計22曲で構成されたステージで日本ファンの心をがっちりつかんだ。一瞬も目が離せないステージで、およそ8000人のファンを魅了した。ボーカルチームとラップチームに分かれて異色パフォーマンス対決や、バラード・ロック・ダンスなどの多彩なジャンルによるステージでファンを感動させた。

これまで現地化戦略で活発な日本活動を行なってきたMYNAMEは、流ちょうな日本語で公演の司会はもちろん、メンバー別トークで日本ファンと交流した。一瞬一瞬、ファンを感動させてアットホームな雰囲気に包み込んだ。ファンは片手にペンライト、もう片手にはコヌ、インス、セヨン、ジュンQ、チェジンらメンバー別にハングルで書かれたネームプラカードを振り、日本でのMYNAMEの人気を感じさせた。メンバーは公演中盤、日本ファンが準備した「永遠に愛してる」というハングルのカードセクションを見て、喜びに涙をこぼす場面もあった。

年初からこの日の公演を心待ちにしていたというユリエさん(16)は「今回のMYNAMEの公演を見ようと期末考査試験をがんばって準備した。MYNAMEはパワフルで歌も上手だし、ダンスにもパワーがある」と称賛した。またヒトミさん(22)は「MYNAMEはファンとのコミュニケーションもうまいしマナーもいい。日本でソフトなカリスマとパワフルなパフォーマンスで人気が高く、最近は学生の間で流行っている韓流スターのなかで一番脚光を浴びている」と感激した。

MYNAMEは「熱い愛と応援を送ってくださったファンに応えるためにそれぞれの公演でベストを尽くした。日本ファンの皆さんとコンサートを通じてコミュニケーションして共感できた本当に素敵な経験だった」と感想を明らかにした。

一方、MYNAMEは来月末、久しぶりに韓国で新しいアルバムをリリースする。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 28日 10:01