[K-POP] 歌手G-DRAGON、上海の夜を熱くする

歌手のG-DRAGON(ジードラゴン)が5月25~26日、中国の上海メルセデス・ベンツ・アリーナで総勢2万人の現地ファンたちを熱狂させて盛況のうちに公演を終えた。

G-DRAGONは3月のソウル公演から初めてのソロワールドツアー『G-DRAGON 2013 WORLD TOUR : ONE OF A KIND』を3カ月にわたり進行中だ。

昨年、グループBIGBANG(ビッグバン)のメンバーらと共に訪れた上海メルセデス・ベンツ・アリーナを今回単独で再訪したG-DRAGONは、『HEART BREAKER』『Michi GO』『ONE OF A KIND』など自身のヒット曲計20曲余りを披露して完ぺきに舞台をリードしていった。

今回のコンサートには、中華圏美女スターのアンジェラベイビーが観覧するなど現地芸能人もG-DRAGONの公演に高い関心を見せた。

毎公演ごとに新しい姿を見せるのか、G-DRAGONは今回の公演では新しい衣装を自分だけのスタイルで披露し、改めてファッション・アイコンらしい容貌で注目を集めた。

計8カ国13都市26回公演で全世界55万人を動員予定のG-DRAGONの今回のワールド ツアーは、クリエイティブ・ディレクターにマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』ツアーの振りつけと助演出を担当したTravis Payneと当時共に振りつけを担当したStacy Walkerの2人が、さらに舞台デザインもやはりマイケル・ジャクソン『THIS IS IT』ツアーのデザイナーMichael Cottenが担当した。

一方G-DRAGONは6月1、2日には日本の名古屋ドームで4大ドームツアー最後の公演を行う予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 27日 14:11