[映画] 『隠密に偉大に』キム・スヒョン「ずいぶん壊れたって? 怖くなかったです」

「怖くはなかった」
俳優キム・スヒョンが自身初で主演を務める映画『隠密に偉大に(原題)』を通じて披露した壊れた演技について感想を伝えた。

『隠密に偉大に』メディア試写会および記者懇談会が27日午後2時、ソウル東大門(トンデムン)メガボックスで行われた。この日のイベントにはチャン・チョルス監督を始め、キム・スヒョン、ソン・ヒョンジュ、パク・ギウン、イ・ヒョヌら主演俳優が参加し撮影エピソードと感想を伝えた。

この日キム・スヒョンは「ひどくイメージを壊す演技を披露したが負担は感じなかったか?」との取材陣の質問に「トング役を演じる時は壊れた演技に対して怖さは感じなかった」「一度すっきりさっぱりとお見せしたいという思いが大きかった」と笑った。

キム・スヒョンは劇中北韓の最精鋭要員として南韓にスパイとして投入され、動向を調べるドング役を演じた。南韓に潜み『町内のバカ』任務を与えられ、鼻をたらす演技を始め、下着露出、立ち小便などのシーンまで手加減なくこなし目を引いた。

キム・スヒョンは「ドングを演じならが目標にしたのは見る人たちが気楽で負担ないバカの演技をしたかった」と説明した。「リュ・スンリュン先輩の『7号室のプレゼント(原題)』やたくさんの演技を見たが全部台詞に強さがあった」「私の場合は台詞より緊張感のない体の動きを研究した。観客たちがちょっと気楽に見て下さったらと思う」と付け加えた。

彼は続く「実際のキム・スヒョンとドングのシンクロ率はどの程度だと思うか」との質問に「私の心の中にもドングがいる」「誰でも心の中に居ると思う。(俳優として)それを外に引き出しただけだ。そういう部分を観客の皆さんに負担なく楽しんで頂けたら嬉しい」と答えた。

町内のバカ(キム・スヒョン)、ロッカー志望生(パク・ギウン)、高校生(イ・ヒョヌ)として南韓にかくれた北韓最精鋭スパイ3人組のストーリーを描いた映画だ。6月5日公開。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 27日 18:24