[K-POP] CNBLUE公演のために10ヵ国あまりから海外ファンが入国、『グローバル人気』証明

『CNBLUE(シーエヌブルー)は私のロールモデル』

ワールドツアー中のCNBLUEが国内でも『グローバルな人気』を証明した。

CNBLUEは25、26日ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で『2013 WORLD TOUR BULE MOON』を開催した。今回のコンサートには12,000人の観客が集まり熱狂し、公演開始数時間前から会場前を一杯に埋めたファンたちで壮観な風景を見せた。

会場の前に用意された『WORLD TOUR PHOTO ZONE』には国内ファンだけでなく、記念撮影をする海外ファンたちも多く目についた。米国、ブルネイ、チェコ、フィリピン、シンガポール、日本、香港、中国、台湾など世界各地のファンたちが会場を訪れた。

男性ファンも目についた。米国から来たNeal君(21)は「CNBLUEが初めて日本でデビューした時、オリコンチャートで彼らを知って、今は僕が一番好きなバンドだ。特にジョン・ヨンファのカリスマはすごい。CNBLUEは僕のロールモデル!」と説明した。一緒にいたWilliam君(20)も「米国のバンドと比べてもCNBLUEがステージ上で見せるカリスマは素晴らしいと思う」と付け加えた。

2012年3月、米国L.Aで開かれたFTISLAND(エフティアイランド)-CNBLUE合同ライブコンサート『STAND UP』を直接見て、またCNBLUEを見るために韓国を訪れた女子大生もいた。

大きな期待の中で国内コンサートの幕を開けたCNBLUEは今までよりパワフルで爆発的な歌唱力と演奏でカリスマを見せた。ジョン・ヨンファの強烈なシャウトを始め、メンバーたちの華麗なパフォーマンスはワールドツアーで一層成熟した姿だった。休みなく続けれらるロックなステージにもメンバーたちは疲れを知らず、エネルギーを発散させ会場を熱く燃やした。自作曲主体で自分たちで決めたセットリストも目を引いた。

『Where you are』『Get away』『One time』などロックな曲で公演を始め、その後『僕という男』『Coffee shop』『Have a good night』『Wake up』などコンサートのだいご味を思い切り感じられる楽しい歌、『愛の光』『Feeling』など甘く切ない歌に至るまで多様な音楽ジャンルでいっぱいの公演を披露した。

特に韓国ファンたちのために特別にステージ上でフォトタイムを用意、4人が様々なポーズを決めてくれ、ファンたちのフラッシュの洗礼を浴びた。

国内公演を大盛況で終えたCNBLUEは31日と6月1日、オーストラリア メルボルンとシドニーでワールドツアーを続ける。

写真提供=FNCエンターテイメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 27日 12:20