[ドラマ] キム・テヒ「演技酷評も“張玉貞”のように克服する」

女優キム・テヒがドラマの中の張玉貞のように“演技酷評”を克服すると明らかにした。

キム・テヒは24日、京畿道高陽市一山のSBSドラマ「張玉貞、愛に生きる」(以下、「張玉貞」)のセット場で行われた記者懇談会で、「張玉貞は序盤、視聴率の下落を経験した。こういう結果が出るとは思っていなかったのでみんな当惑した」とし「私の演技にも良くない記事があふれた。それで傷ついて挫折した」と明らかにした。

続いて「実際、これまで自分の演技の評価は良くなくても、視聴率が出ない作品はなかった」とし「今回は演技力の酷評に加え、夜通しの撮影を行なっても視聴率が上がらなかったので、力が抜けた」と伝えた。

キム・テヒは「監督にサイの角のように行こうといった。また挫折して崩れるのでなく、張玉貞のように再起のために踏ん張って克服しようと努力した。それが(演技で)表現されたとすれば、ありがたくて幸い」と語った。

キム・テヒは「ドラマを通じて多くのことを学ぶ。以前なら正直、こういう結果に本当にプライドが傷ついていたはず」とし「しかしだからといって死ぬことはできない。張玉貞のように強く生きていく」と意気込みを表した。

キム・テヒは「張玉貞」で朝鮮最高のファッションデザイナー、張玉貞役を演じている。「張玉貞」は11.3%(ニールセンメディア)の視聴率を記録した先月の初回の放送後、視聴率が落ち、月火曜ドラマで現在3位となっている。最近また視聴率が上昇(20日9.6%、21日9.2%)しているが、10%は超えていない。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 24日 17:15