[K-POP] 歌手ペク・チヨン、ダンスの新曲リリース…「妊娠中なのに活動は?」

“バラードクイーン”ペク・チヨンが結婚前に最後のダンスミュージック『思い出す』をリリースした。

ペク・チヨンの新曲『思い出す』は、歌謡界のヒットメーカーであるプロデューサーの“勇敢な兄弟”が作曲した。ディスコジャンルを現代風にアレンジし、ペク・チヨンの魅力を100%引き出しているとの評価を受けている。24日正午、オンラインの音源サイトを通じて公開された。

思わず体を動かしたくなるような楽しいディスコ調のメロディーに、ペク・チヨンの魅力的なボイスが最高の調和を作り出してリスナーの耳を一気に引き付ける。特に恋人との別れのあと「街角に流れていそうな悲しいバラード/私の心を知っているように/もっと辛くなる…/街角で笑顔を作れば仲のいいあの恋人たち/私の心知っているかのように/私をみじめにさせる」という歌詞とレトロ風のディスコメロディーが懐かしい気持ちを呼び起こさせる。ただ、今回の曲は結婚・出産の準備で活動ができなくなりそうだ。

所属事務所側は「結婚を控えているペク・チヨンはぎっしりと詰まったスケジュールの中でも勇敢な兄弟とのレコーディング作業に積極的に参加した。久しぶりのダンスミュージックに対して大きな愛着がある」と伝えた。続いて「ペク・チヨンが結婚前に披露する最後のダンス音楽。大衆に届ける夏のプレゼントだと思って、楽しく聞いてほしい」と明かした。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 24日 14:48