[映画] 話題作『未生』主演イム・シワン、映像試写会参加せず『なぜ?』

モバイル映画『未生(原題)』がメディア試写会を通じて公開されるなか、主演俳優イム・シワンがこの日のイベントに参加できず、その背景に関心が注がれている。

『未生』メディア試写会が24日午前11時30分ソウル光化門(カンファムン)のレストランで行われた。この日のイベントにはソン・テギョム、キム・テヒ監督を始め主演俳優キム・ボラ、ミン・イェジらが参加し撮影エピソードと制作背景を話した。

この日試写会では24日0時、ダウムアプリを通じて公開された5分ほどの1話プリクエル映像を始め、31日0時公開される2番目の映像が公開された。短い映像だが主演イム・シワン(チョン・グレ役)の視線の演技とキム・ボラ(アン・ヨンイ役)の過去が映し出され期待感を高めた。

しかし熱演で強烈な印象を残したイム・シワンがこの日のイベントに姿を現さず、その背景に関心が注がれた。

これについて『未生』制作会社関係者は「イム・シワンが今地方で映画『弁護人(原題)』撮影に邁進している。スケジュール調整に努力したが明け方まで続いた映画撮影のためとうとう参加出来なかった」と明かした。

イム・シワン側はeNEWSとの電話取材で「本当にとても期待している作品」「必ず参加しなければならない席だったが行けずに本当に申し訳ない」と伝えた。「映画撮影のせいで行くことが出来なくなったが、他にファンたちや観客の皆さんにお会いできる場を設けます」と説明した。

『未生』はユン・テホ作家の同名人気ウェブ漫画を映画化した作品でウェブ漫画とモバイル、映画の3ジャンルの結合で関心を集めている。全6編で24日0時を起点にダウムアプリを通じて初映像が公開された。今後5週間毎週金曜日0時に映像が公開される。プリクエルは前篇より時間的に前の話を見せるサイドストーリーと言う意味だ。

写真=eNEWS DB『未生』


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 24日 17:37