[芸能] 俳優クォン・サンウ「息子と一緒にいる時間が父性愛の演技に役立つ」

ドラマ『天国の会談』『悲しき恋歌』などを通して一日じゅう3カ国で等しく人気を得ている俳優クォン・サンウ(37)が、涙ぐむ父性愛の演技で視聴者たちの心をとらえた。彼は2日に放映終了したSBS(ソウル放送)の月火ドラマ『野王』で、自分が愛した女のために娘と兄を失い復讐を誓うホスト出身の検事ハリュ役を熱演した。劇中、刑務所で娘の死去の知らせを聞いて嗚咽する姿で多くの人々の涙腺を刺激した。

クォン・サンウは、2008年に結婚した女優ソン・テヨンとの間に2009年息子ルッキをもうけた。いつのまにか4歳になった息子を持つ父親として、実生活でもしばしば和やかな家族の姿を見せている。10日、ソウル江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)のあるレストランで行われたインタビューで会った彼は「いつも息子と一緒に幸せな時間を過ごしたのが、劇中での父性愛の演技にも役立ったようだ」と言って明るく笑った。20日に発売された最高の韓流雑誌『K&』6月号はこのほかにも超新星の特別インタビュー、INFINITE(インフィニット)の酔中トーク、俳優ソン・スンホン、イ・スンギらのホットなニュースで盛りだくさんだ。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 05月 22日 17:30