[芸能] 俳優リュ・シウォン、夫人に隠れて位置追跡装着・暴行容疑で起訴

俳優リュ・シウォン(41)が夫人の車に位置追跡装置(GPS)を取り付けたうえ、同装置を取り外すよう訴えた夫人に対して暴行を加えた容疑で起訴された。

ソウル中央地検刑事7部は22日、夫人の乗用車に密かに位置追跡装置を取り付け、夫人に暴行を加えた容疑(位置情報の保護及び利用などに関する法律等)でリュ・シウォンを不拘束起訴したことを明らかにした。

リュ・シウォンは2011年5月、ソウル江南区(カンナムグ)のある自動車整備工場で夫人のチョさん(29)の同意なく彼女のベンツにGPSを取り付け、約8カ月間見張っていた疑いを持たれている。これに加えて同年9月には、チョさんの携帯電話に位置追跡が可能なアプリケーションを隠れて設置した疑いも持たれている。またリュ・シウォンは2011年8月、自宅で位置追跡装置を取り外すよう要求したチョさんの頬を数回殴り、「知っているヤクザは多い」と話して脅していたことが調査の結果、分かった。

この事件はチョさんが2月にリュ・シウォンを警察に告訴して捜査が始まった。2人は2010年に結婚したが、昨年3月に裁判所に離婚調停を申請していた。リュ・シウォン-チョさん夫婦は離婚調停の段階で合意に至ることができず、訴訟を進めていることが知られている。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 05月 22日 10:49