[ドラマ] 『男が愛するとき』のソン・スンホン&シン・セギョン、“四天王”と“韓国の綾瀬はるか”の出会い

MBC(文化放送)の水木ドラマ『男が愛するとき』が“初代韓流スター”の俳優ソン・スンホンと“韓国の綾瀬はるか”女優シン・セギョンのカップル演技で話題を集めている。

『男が愛するとき』の男主人公ソン・スンホンは劇中、荒っぽく寂しく生きてきた“野生の男”であり独力で成功した事業家ハン・テサン役を演じる。彼は「ハン・テサンは不遇な青少年期を過ごした人物だ。

鋭く厳しく生きてきた男が、30代中盤を迎えて初めて1人の女性に愛情を感じている」として「今までやったどんなキャラクターよりもたくましさがあるようだ」とキャラクターへの愛情を表わした。
さらに「これまで演じてきたどんな役よりも激しく愛して痛みを感じる姿を見せる」と明らかにした。清純な顔とグラマラスなスタイルで“韓国の綾瀬はるか”と呼ばれるシン・セギョンは、劇中では自尊心が強く挑戦的で、貧しさが死ぬほど嫌いなソ・ミド役を演じている。彼女は「前作『ファッション王』と似たキャラクターだという憂慮はなかったか」という質問に「韓国ドラマでは恵まれた女主人公を探すのが大変だ。

足りないところがある女主人公が好まれるようだ」として「『ファッション王』でも不遇でポキッと折れたようなキャラクターだった。ただしそっちのほうは正反対に真の愛を望んだ。優秀な才能を有しているが成功よりも愛情を受けたい気持が強かった。その一方“ミド”は現実的な欲望がはるかに大きい子供だ。それで劇中で描き出す姿もとても違う」とキャラクターを紹介した。また「経験しなかった感情をカメラの前で演じるために非常に悩んで考えている」として「あからさまでなく創意的に考えようとするが、生きてみた人生ではなくなかなか頭に思い描けない。それでも最大限、斬新な姿をお見せしようと努力をしている」と伝えた。

20日に発売された最高の韓流雑誌『K&』6月号にはこのほかにも超新星の人気の秘訣、INFINITE(インフィニット)との酔中トーク、俳優のクォン・サンウ、ソン・スンホンなどのホットニュースがいっぱいだ。


Copyright 中央日報日本語版 2013年 05月 21日 13:50