[K-POP] Block.B、紛争中の所属事務所前代表理事、20日自殺

男性グループBlock.B(ブロックビー)の全所属事務所代表イ氏が20日、自宅で自ら命を絶った姿で発見された。

イ氏の側近は21日eNEWSに「イ氏が20日、自宅地下室で自殺した」「知人によって発見され、現在安置所が準備されている」と明かした。故人の通夜は事故当日20日ソウル市内の病院葬儀場に準備され、出棺は22日午前だ。

故人は生前Block.Bが提起した専属契約効力停止仮処分申請事件と関連し、主要関係者とされていた。Block.Bが1月3日法務法人シンウォンを通じてソウル中央裁判所にスターダムに対する専属契約効力停止仮処分を申請した。Block.B側はスターダム側が1年近く収益を精算しなかった上、スターダム前代表であるイ氏がむしろメンバーの父母から宣伝費として7,000万ウォンを受け取り姿をくらましていたと主張してきた。

反面スターダム側は「収益金を漏れなくきちんと支給した。今回の事件には黒幕がいる」とBlock.Bの主張に反発した。

状況がこのように進行する間、イさんは外に出なくなり相当な気苦労を負い、このような残念な選択をしたと思われる。故人の遺族側はeNEWSとの電話インタビューで「何も話すことはない」と言葉を控えた。

ただ生前故人と仕事をした芸能関係者は「イさんの死亡ニュースを聞いた」「夕方葬儀場に行く予定」と話した。

写真=eNEWS DB


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 21日 18:30