[ドラマ] 俳優イ・スンギ「悪役はもう少し年を取ってから挑戦したい」

善良なイメージで人のいいキャラクターを主に演じてきたイ・スンギが悪役演技への挑戦についての計画を明かした。

イ・スンギは20日午後2時、京畿道一山(キョンギド・イルサン)MBC(文化放送)ドリームセンターで行われた月火ドラマ『九家の書』の記者懇談会で「悪役演技への挑戦は考えているか」という質問を受け、「演技大賞に挑戦する年齢になったら考えてみたい」と答えた。

続けてイ・スンギは「悪役は年齢を重ねてから挑戦してみたい。悪役をちゃんと演じこなすには、努力と経験が重要だと思う。30代後半から40代くらいにやりたい。その時期に悪役をすれば大きな挑戦としてチャレンジしがいがあると思う」と付け加えた。

一方、イ・スンギは月火ドラマの同時間帯視聴率1位を独創している『九家の書』で半獣半人のチェ・ガンチ役を熱演中だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 20日 17:37