[映画] 『高齢化家族』100万突破目前・・・ジン・チヒ「スナックカーを用意します」公約守るか

映画『高齢化家族(原題)』が近いうちに100万観客を突破する見込みだ。

映画振興委員会映画館入場券総合コンピューターネットワークによると『高齢化家族』は、19日一日で7万2,248名を集めボックスオフィス5位を記録した。この日までの累積関係数は98万6,523名だ。100万までは1万4,000名となった状況。ボックスオフィス順位が多少下落したにはしたが、変わらず映画ファンたちから愛され100万突破は問題ないとみられる。

『高齢化家族』は似たもの家族の3兄妹が母親の家に集まり生活することで巻き起こるエピソードを描いた映画だ。ユン・ヨジョン、パク・ヘイル、ユン・ジェムン、コン・ヒョジン、ジン・チヒら実力派俳優たちが出演した。

ジン・チヒは100万突破公約として友達にスナックカーを用意すると話し、約束を守るかに関心が集まっている。ジン・チヒは最近『高齢化家族』が観客100万名突破したら友達にスナックカーを用意する」と書いた紙を持った写真を公開した。

ジン・チヒは4月SBS『真夜中のTV芸能』に出演した時、パク・ヘイルが「学校生活と演技を並行していて一番大変な点は何だ?」と尋ねると「撮影に行くとその間にノート筆記がたくさん溜まっている。友達に頼んで情報を得なければならない。(勉強を)あまり出来ないがクラスで10位内くらいには入る」と答え、学校生活とクラスメートたちへの愛情を見せた。

このためジン・チヒは普段演技と学業を並行することを助けてくれる先生とクラスメートに感謝を伝えるためこのような公約を打ち上げた。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 20日 13:53