[芸能] T-ARA所属事務所「ホームページをハッキングした高校生が自首…善処することに」

T-ARA所属事務所コアコンテンツメディアホームページをハッキングした17歳の高校生を善処してほしいと江南(カンナム)警察署サイバー捜査チームに要請した。

コアコンテンツメディアは16日午後、報道資料を通じて「コアコンテンツメディアのホームページをハッキングした人物は江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)に住んでいる17歳の高校生で、母親と共に江南警察署サイバー捜査チームに自首し調査を受けている」と発表した。

以前コアコンテンツメディアは「ホームページのハッキングで名誉棄損、業務妨害など会社が大きな被害を被った」とし法的対応のため申告をしていた。

コアコンテンツメディアは「江南警察署で調査を終えた高校生が両親と共に謝罪の意を伝えるため会社を訪問した」「この学生は好奇心で今回の事件を起こしたといい「ホームページをハッキングできるのか」という友人たちの言葉に冗談でやったことだと間違いを反省し許しを請うた」と伝えた。

コアコンテンツメディアは「今回の事件で会社が大きな被害を被ったが、この学生が自首し謝罪する姿を見せ、二度とこのような事がないようにすると話したため善処することを決定した」と明らかにした。

写真=eNEWS DB


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 17日 14:37