[芸能] 俳優リュ・シウォン、離婚調停が失敗…離婚訴訟へ移行

離婚調停に失敗した俳優リュ・シウォンが離婚訴訟を準備することになった。

リュ・シウォンと夫人のチョさんの離婚調停は13日、本案事件として処理され、調停委員会から家事3部へ改めて配当された。

先月23日に開かれた2次調停で合意点を見つけることができなかった2人は、今後は離婚訴訟を準備するものと思われる。

裁判所関係者は「離婚調停段階で合意ができなければ離婚訴訟に進む。裁判所の判断に委ねなければならない」と説明した。現在、リュ・シウォンとチョさんはそれぞれ6人と2人の弁護士を選任している状態だ。

これに先立ちチョさんは昨年3月、ソウル家庭裁判所に離婚訴訟を申し立てたことに続き、今年2月には脅迫・暴行などの疑いでリュ・シウォンを警察に告訴した。

これに関連して、リュ・シウォンの所属事務所側は先月報道資料を通じて「最初は(チョさんが)リュ・シウォンを浮気したように見せかけて訴訟で優位を占めようとしたが、そのような事実がないため見るべき結果が出なかった。こうなると、離婚事件で主張すらしなかった暴力で刑事告訴をしたが、これについても一度も暴力を振るった事実がないため、警察から無嫌疑意見を受けた」と伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 16日 15:20