[K-POP] アンジェリーナ・ジョリー、乳がん予防で乳房を切除

「もう子どもたちに『ママを乳がんで失うかと怖がらなくていい』と話せるようになり、女性としてもさらに強くなったと感じる」。

世界的女優のアンジェリーナ・ジョリーが両乳房の切除手術を受けたと明らかにした。ジョリーは14日付ニューヨークタイムズへの寄稿「私の医学的選択」で切除手術を受けることになった背景と手術手続きなどを詳しく説明した。

ジョリーは母親の話から始めた。「私の母は10年近くがんで闘病し、56歳で永眠した。最初の孫しか抱かせられなかった。私の子どもたちに母の話をすると子どもたちは『ママもおばあちゃんのように行ってしまったらどうする?』と尋ねた。そのたびに私は心配するなと言ったが、現実はそうではなかった」とつづった。

遺伝子検査の結果、ジョリーが乳がんにかかる確率は87%、卵巣がんにかかる確率は50%だった。これに対し先制的対応を選択した。「発病率が高く手術過程も複雑な点を考慮し乳房切除手術から受けることにした」と説明した。

手術は2月に乳頭後方の血流を制御し乳房細胞組織を除去した後、除去した組織の代わりに乳房補型物を挿入する方式で進められた。ジョリーは何週目にどのよう医療的措置を受け、苦痛がどの程度で、回復までどれだけかかったか、傷跡がどれだけ大きかったかなど、手術の全過程を詳細に紹介した。ジョリーはがん発症の危険が高い女性たちに、不安に震えて生きるよりも手術で根源的予防が可能なことを示すために過程を詳しく説明したと明らかにした。

ジョリーは、「これを秘密にしない理由は、すべての女性の役に立ったらと思うため。もう私の乳がん発病率は5%未満に落ちた」と書いた。続けて、「切除手術を受けたからと女性性を失ったという感じは全くない」とし、補型物を挿入した結果を「美しい」と表現した。ジョリーはまた、「私の決定を支持し、いつもそばで見守ったブラッド・ピットのようなパートナーがいて幸せだ」とした。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 05月 15日 13:26