[ドラマ] 女優ハ・ジウォン、MBCドラマ『花札』の奇皇后役にキャスティング確定

女優のハ・ジウォンがドラマ『花札』の奇皇后役にキャスティングされた。

ハ・ジウォンはMBC(文化放送)の新しい月火ドラマ『花札』(仮題)で歴史上に実在した奇皇后(キファンフ)役へのキャスティングを最終確定させた。

『花札』は奇皇后の愛と闘争についての記録を扱った作品で、ハ・ジウォンが演じる予定の奇皇后はチンギス・ハーンが建国した巨大王国モンゴル帝国の37年の歴史に強い影響力を発揮する高麗出身の皇后で、不慣れな異国皇室生活にも高麗の自負心を守りながら運命的な愛と政治的理想を実現していく女性だ。ジャンルやキャラクターを越えた演技やカリスマある役柄をこなしてきたハ・ジウォンが、今回の奇皇后役をどのように表現するか注目されている。

ドラマ『花札』は、ドラマ『テジョヨン』『ジャイアント』『サラリーマン楚漢志』などの作品ですぐれた歴史考証と骨太の筆力を見せてきたチャン・ヨンチョルとチャン・スンギョン作家が執筆し、『Dr. JIN(ドクター・ジン)』『オーバー・ザ・レインボー』などで感覚的な映像美を見せたハン・ヒPDが演出を手がける。

一方、MBCの新しい月火ドラマ『花札』は『火の女神ジョンイ』の後続として今年下半期に放送予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 13日 15:00