[芸能] 女優ソウ-俳優イン・ギョジン、1年間の熱愛に終止符

女優のソウ(28)と俳優のイン・ギョジン(33)が熱愛1年で破局を迎えた。

8日午前、それぞれ所属する芸能事務所の関係者によると、2人はイン・ギョジンが出演していたMBC(文化放送)ドラマ『馬医』の終映(3月25日)直後に別れた。離別の理由は忙しいスケジュールのため、お互い心が離れたことと性格の不一致であると伝えられた。

ソウとイン・ギョジンは昨年4月に終映したSBS(ソウル放送)のドラマ『明日が来れば』で共演して接近し、恋人関係に発展した。2人は公開デートを楽しむなど仲のよさを周囲に見せ、多くの人々の羨望の対象になってきた。破局のニュースが伝えられると、ファンは残念な気持ちを表した。

ソウは2007年映画『息子』でデビューし、映画『坡州 パジュ』『ハウスメイド』やドラマ『欲望の炎』『シンデレラのお姉さん』などに出演した。イン・ギョジンは2000年MBCの29期公採タレントとしてデビューし、ドラマ『善徳女王』『ハッピーエンディング』などで活躍してきた。








Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 08日 09:59