[ドラマ] [天命』ムン・ボヒョンCP「ソン・ジヒョ演技力論争? バラエティーイメージが原因」

KBS2水木ドラマ『天命(原題)』のムン・ボヒョンチーフプロデューサがソン・ジヒョの演技力論争について見解を明らかにした。

ムン・ボヒョンCPは7日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)近郊で行われたKBS2水木ドラマ『天命:朝鮮版逃亡者(以下天命)』記者懇談会でソン・ジヒョの演技力論争について「自身が持っている実際の演技力より低評価されているのが事実」と意見を述べた。

ムンCPは「このような背景にはバラエティー番組『ランニングマン』で見せてくれるイメージが強いからだと見る。『ランニングマン』のエースとして視聴者に刻まれており、その中で見せているボケジヒョキャラクターが強くて演技力論争という視聴者たちの評価を受けている」と説明した。

ソン・ジヒョは今回のドラマで高慢な性格の内医院、医女ホン・ダイン役を演じる。しかし放送序盤、一部の視聴者たちはバラエティーで見せるイメージと相反する姿のソン・ジヒョに『集中できない』という意見で演技に対する酷評をした。

これについてムンCPは「我々制作陣も予想していた反応であり、我々とソン・ジヒョが一緒に克服しなければならない問題」「『天命』に登場する他の俳優たちに比べ劣っていない。回を重ねていくと演技に対する評価がよくなると見る」とこれからの成長を見守ってほしいと話した。

『天命』は朝鮮最高の内医官医員チェ・ウォン(イ・ドンウグ)が王毒殺の陰謀に巻き込まれ逃亡者になると同時に不治の病を患う娘チェ・ラン(キム・ユビン)を助けるための死闘を描いた時代劇だ。

8日午後10時放送の第5話では真実を隠す為隠密に動くソ・ユン派とこれを暴くため孤軍奮闘するチェ・ウォンの対決が緊張感を加えている。

写真出所=KBS







Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 07日 16:15