[芸能] T-ARA ヒョミン、不良グループ説弁明し涙「友達を殴ったことはない」

T-ARA(ティアラ)ヒョミンが巷で噂されている不良グループ説を弁明し涙を流した。

6日放送のケーブルチャンネルMnet『ビートルズ・コード シーズン 2』ではT-ARAユニットT-ARA N4が出演し、前メンバーファヨンイジメ説や不良グループ説など自分たちを取り巻く噂について説明した。

この日ヒョミンは「ネットユーザーが提起している不良グループ説を知っているか」とのMCの質問に「知っている。それほどまでではなかった」と淡々と語り始めた。地域の友達が多かったし、それなりの友達と一緒にいたが、大きな問題を起こしたりはしなかった」というのがヒョミンの説明だ。

ヒョミンは「私の行動が(インターネットで)大きく誇張されている。私が暴行して強制転校させられたのは事実だ。いっそのこと誰かが私に殴られたと言ってくれたらいい。私は殴ったことはないのに」と話した後、悔しい思いから涙を流した。

これにヒョミンは転校した理由については「母が勉強に熱心な所に行かせたがった。だが友達を悪く言うのが嫌でこう言う話はできなかった」と話した。

ヒョミンは心苦しさに涙が止まらなかった。MCたちは「アイドルなのに話すのは難しかっただろう。お笑い芸人なら事件事故も笑いに変えるが、本当につらかっただろう」とヒョミンを慰めた。

この日ウンジョンはファヨンのイジメ説の弁明とインターネットで飛び交う『餅ウンジョン』映像に言及し、「PDがやらされてオーバーにやったもの。餅は好きだけど(動画の件の後は)外で餅を食べられなくなった」と打ち明けた。

写真出所=Mnet







Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 05月 07日 15:54