[映画] ハ・ジウォン「映画『第7鉱区』撮影後に心理治療受けた」

女優ハ・ジウォンが心理治療を受けた理由を打ち明け涙を流した。

ハ・ジウォンは3日に放映されたSBS「サンキュー」で、「時間が多ければ愛情あるキャラクターと自然に離別するのが良いが、そうできない時に心理治療を受けたことがある」と話し、「映画『第7鉱区』の撮影の翌日に『シークレットガーデン』の台本読み合わせに参加しなければならない状況だったのに、本当に申し訳ないが台本を見られないまま現場に向かった。手が伸びなかった。それで台本読み合わせもとてもでたらめにやったが、到底だめだと考え心理治療を受けた」と明らかにした。

続けて、「カウンセラーが『第7鉱区』のキャラクターであるヘジュンを思い出すように言い目を閉じて思い出したが、私が雨に濡れ血を流して倒れている最後のシーンが思い出された。そこでヘジュンを起こし、『とても苦労したし、よくやった』と抱きしめた」と話しながら熱い涙を流した。

ハ・ジウォンは、「『第7鉱区』という映画は事実、女1人の力でアクションを引っ張っていくのが普通の難しさではなかった。映画の中でバイクに乗るのに毎日車の中で『きょうもけがをしないように』と祈りを捧げて下りた。キャラクターにとてものめり込む方だが、作品が終わると実際のハ・ジウォンはとても虚しい。それで休む時はわざと忙しくスケジュールを立てる」と説明した。






Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 05日 10:48