[ドラマ] イ・スンギ-キム・テヒ、”数学が得意そうなスター”の1・2位に

俳優のイ・スンギと女優キム・テヒが「数学が得意見える男女スター」に選ばれて話題になっている。

オンライン教育スクールのセブンエデュは2日、「先月11日5月1日まで、会員586人を対象にアンケート調査を実施した結果、イ・スンギとキム・テヒが『数学競試大会で1位になりそうなスター』の1,2位を占めた」と明らかにした。

イ・スンギは180人(31%)、キム・テヒは76人(13%)という結果だった。

セブンエデュの関係者は「男性芸能人の中で1位を占めたイ・スンギは元学生会長の自他共に認める優等生」とし「イ・スンギはKBS(韓国放送公社)第2テレビの『数学ルート問題を簡単に解答したほか、レシピとタイマーを使って『データ料理の創始者』という数学的イメージを持っている」と伝えた。

続いて「キム・テヒは学生時代に数学が一番好きだったという。数学は計算過程で答え明確に出るため」とし「中学校で3年連続全校1位だったほか、ソウル大学出身というイメージが順位に大きな影響を及ぼした」と評価した。

イ・スンギとキム・テヒは現在MBC(文化放送)のドラマ『九家の書』とSBS(ソウル放送)の『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる』で、それぞれ半人半獣のチェ・ガンチと朝鮮時代のファッションデザイナー張玉貞役を熱演中だ。






Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 03日 16:34