[K-POP] 4Minute・Secret・T-ARA N4、ガールズグループ三つ巴戦始まる(1)

ガールズグループ大戦の幕が切って落とされた。

2009年にデビューした5年目ガールズグループの3組、4Minute(フォーミニッツ)、T-ARA N4(ティアラエヌフォー)、Secret(シークレット)が、4月にそろって新曲をリリースしてプライドをかけた一本勝負を繰り広げる。

2009年6月にまずデビューした先輩格の4Minuteが新曲『名前は何ですか?』で大戦の砲門を開いた。これに負けじと同年7月デビューのT-ARAのユニット「T-ARA N4」も29日、『田園日記』でカムバックした。10月デビューのSecretは30日に『YooHoo』をリリースした。同じ年にデビューし、そろって“韓流スター”に成長した3組が韓国内で正面対決をするのは今回が初めてだ。それぞれ“セクシーヒップホップ”“ファンキー”“ラブリー”などコンセプトが違うため、好みの違うファンも大いに盛り上がる見込みだ。

まず4Minuteは、デビュー後初めて作曲家の勇敢な兄弟とタッグを組んだヒップホップ曲『名前は何ですか?』で力強い一手を見せた。網タイツにホットパンツという出で立ちで、脚線美とヒップラインを強調したヒョナのセクシーなコスチュームが目を引く。独特の曲構成やメロディーも歌謡ファンの好反応を引き出した。すでに「名前は何ですか?、電話番号は何ですか?」という歌詞が相手を誘う歌として流行している。

T-ARAのメンバー、ヒョミン・ジヨン・ウンジョン・アルムで構成されたT-ARA N4は、タイトルからしてユニークな『田園日記』で応戦している。人気プロデューサーチームのイダンヨプチャギ(二段横蹴り)によるヒップホップミュージックで、T-ARA特有のマニアティックな振り付けと曲の雰囲気をキープしている。ドラマ『田園日記』に出演した俳優チェ・ブラムやキム・スミ、歌手のキム・ワンソン、ホ・ギョンヨン総裁などを出演させたプロモーションビデオも話題を集めている。





Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 01日 15:34