[K-POP] DMTNダニエル、大麻あっせんと吸引容疑を認める…「罪は償う」

6人組の男性グループDMTNのメンバー、ダニエル(22、本名チェ・ダニエル)が大麻のあっせん及び吸引容疑をすべて認めた。

ダニエルは30日午前、京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)の水原(スウォン)地方裁判所で開かれた初公判に出席し、大麻のあっせん及び吸引容疑を認め、頭を垂れて謝った。

所属事務所側は当初、「過ちを犯した部分についてはどんな言い訳も必要ではない。本人も法的にどのような処分を受けるとしても謙虚に受け止め、罪を償いたいと話している」と謝った。

この日、同じ容疑で立件されたKBS(韓国放送公社)第2テレビのトーク番組『美女たちのおしゃべり』で人気を博していた米国出身のタレント、ビアンカ・モブリーは裁判に姿を見せなかった。

一方、ダニエルは昨年9月から約4カ月間にわたり、知人に大麻をあっせんしたり紹介したりしていた。





Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 05月 01日 11:11