[映画] 俳優チャン・ドンゴン、映画『泣く男』に出演…殺し屋に変身!

俳優のチャン・ドンゴンが映画『アジョシ』のイ・ジョンボム監督とタッグを組む。チャン・ドンゴンは新作『泣く男』(仮題)で殺し屋を演じ、ウォンビンを越えるアクション演技を見せる予定だ。

29日午前、チャン・ドンゴン側の関係者は韓国の日刊スポーツとの電話インタビューで「イ・ジョンボム監督が準備中の『泣く男』への出演を前向きに検討中だ。契約を完全に交わしたわけではないが、特別な問題がない限り出演するだろう」とし「ノワールジャンルでアクション演技をお見せすることになった。『アジョシ』とは違った感覚のアクションになるのではと期待している」と伝えた。

映画『泣く男』は殺し屋とある女性のラブストーリーを扱ったノワール映画。2010年にウォンビンが主演を演じた『アジョシ』で興行を成功に導いたイ・ジョンボム監督が演出を手がけている。『アジョッシ』公開当時、ウォンビンは爆発的な人気を博して俳優としての株を上げたことから、『泣く男』とチャン・ドンゴンの今後の動向についての関心も高まっている状況だ。

一方『泣く男』は、ヒロインのキャスティングなど最後の調整を経て9月初めから撮影に入る予定だ。





Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 30日 16:02