[K-POP] SHINee、新曲での独特な“ゾンビ”パフォーマンスに視線集中

グループSHINee(シャイニー)が独特のパフォーマンスで熱い反応を受けている。

最近、サードアルバムChapter2で活動に乗り出したSHINeeが、タイトル曲『Why So Serious?』のカリスマ性あふれるパフォーマンスで人気上昇中だ。

特に曲の序盤で、ゾンビを連想させるような異色の振り付けが目を引いている。両腕を前に伸ばして歩いていく動きや、重心を失ったようにふらついたり、床からむくっと立ち上がったりする動作などがゾンビを連想させるという説明だ。メンバーの異色の振り付けは、強烈なパンクロックを感じさせるダンス曲と重なって、SHINeeならではの魅力を一層引き立たせている。

音楽ファンたちはやはり今回の振り付けのさまざまなハイライト動作を“ゾンビダンス”、“むくっとダンス”などといろいろな名前で呼んで熱い関心を向けている。Chapter1『Dream Girl』のスタンドマイクパフォーマンスに続き、再び話題になることを予感させる。

SHINeeのサードアルバムの全曲音源とタイトル曲のプロモーションビデオが26日に全世界で同時公開され良い反応も得ている。29日にはオフライン・アルバムに会えるだけに音楽ファンたちの関心もより一層集中すると見られている。

一方、SHINeeは各種の音楽番組を中心に活発な活動を展開する予定だ。




Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 30日 09:00