[映画] 『怖い話2』この夏一番怖いホラーがやってくる

映画『怖い話2(原題)』がティーザー予告編を公開し、観客の肝を冷やしている。

29日、映画の共同制作会社デイジーエンターテイメントは死後の世界を素材にした『怖い話2』で死の恐怖を込めたティーザー予告編を公開した。

映画は忠武路(チュンムロ)より抜きの実力派監督キム・ソンホ、キム・フィ、チョン・ボムシク、ミン・ギュドン監督が描く4人4色のホラー映画だ。俳優ソンジュン、イ・スヒョク、キム・ジウォン、コ・ギョンピョ、キム・スルギら、最近スクリーンとブラウン管でスポットライトを浴びているホットなライジングスターたちの大集合で期待を集めている作品。

公開された予告編は切り立った絶壁の上で孤立したソンジュンとイ・スヒョクの場面で始まりから関心を集中させる。寒さと死の恐怖の中で友情と生存の狭間で揺れる2人の切実な表情と1万ウォン紙幣に血で書かれた『S.O.S』が好奇心を刺激する。

これとともに暗い廊下を歩いて行くパク・ソンウンとイ・セヨンの後ろ姿とクモの巣がかかったイ・セヨンの手が未解決事件ファイルをひったくるシーンが続き、ひやっとさせる。またコ・ギョンピョを掴み寄せる正体不明の手とキム・ジウォンの鳥肌の立つ視線はやはり強烈な恐怖で観客たちの期待を増加させる。

予告を見たネットユーザーたちは「前編に続き今編も最高のホラーだろう」「本当に怖そうだけど、見たい」「一流監督に新人スターまで。楽しみだ」など多様な反応を見せた。

『怖い話2』は今夏初のホラー怪談として観客たちに出会う。

写真提供=デイジーエンターテイメント




Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 30日 17:25