[ドラマ] 女優キム・テヒ、『張玉貞』撮影後半「受難の一週間でした」

女優キム・テヒが、SBS(ソウル放送)の月火ドラマ『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』の撮影での苦しい心境を打ち明けた。

キム・テヒは29日、自身のme2day(ミートゥデイ、韓国版ツイッター)に「水に落ちて雨にぬれて台本の断片だけが出てきて…。7・8部は受難の1週間でした。それでさらに興味深くて波瀾万丈な玉貞を見られるんですよ~!今日も明日も夜10時には玉貞とともに!ご存知ですよね?」という文と共に、さまざまなカットに分割された写真をアップした。写真でキム・テヒは美しく韓服を着飾って台本を読んでいるかと思えば、バラの花びらがふわふわ漂う浴槽の中におとなしく座っている。

キム・テヒはドラマ『張玉貞』で女主人公の張玉貞を熱演中だ。ずば抜けた容貌と韓服姿で視聴者たちの目を引いているが、ぎこちない演技でデビュー13年目の女優という面目を失わせている。




Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 29日 16:14