[ドラマ] 俳優ユ・アイン、『王になった男』パロディで芸人に変身?!

俳優ユ・アインがイ・ビョンホン主演の映画『王になった男』をパロディにした「イスン、王になった男」の主人公になった。

SBS(ソウル放送)月火ドラマ『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』は25日、公式ホームページに「イスン、王になった男」というタイトルの映像をアップした。ユ・アインは映像の中で猛毒に倒れた王の代わりに王の役割を担うことになった芸人役をしている。『張玉貞』でユ・アインの側近、東平君(ドンピョングン)役をしているイ・サンヨプは芸人ユ・アインをそそのかして王の振る舞いをさせるようにするキングメーカーとして登場し、笑いを醸し出す。チャン・ヒョクもユ・アインを疑う大臣として特別出演し、非常に細かい演技を披露した。

特にドラマ『ファッション王』でユ・アインと呼吸を合わせたシン・セギョンがまた別のパロディものである「ユ・アインとシン・セギョンの宮廷ロマンス-女官、愛に生きる」に出演して目を引いた。『張玉貞』パロディはこの他にも「ユ・アイン語録」、「『成均館スキャンダル』出身の王たちの魅力比較」など5本で構成された。

ユ・アインは『張玉貞』で強力な絶対君主であり、王権強化のために愛する女性を死に追い込む「悪い男」粛宗役を熱演中だ。




Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 26日 11:57