[K-POP] 歌手JUNIEL、新曲『可愛い男』発表4時間で1位に

“国民の妹”JUNIEL(ジュニエル)の勢いがすさまじい。

シンガーソングライターのJUNIELは25日、新曲『可愛い男』を発表し、バグスやソリバダなど主な音源サイトのリアルタイム・チャート1位に上った。『可愛い男』はJUNIELのサードミニアルバム『Fall in L』のタイトル曲で、理想の男を描写する女の気持ちを興味深く解き明かしている。“笑うときには目が閉じて見えないけど、子供のような微笑みを持つそんな男、映画俳優のようなカッコいい男より、私は可愛い男がいいです”のように、想像の中の“こうだったらいい”というボーイフレンドの特徴を詳しく描いている。

JUNIELの今回の新譜は、1989年に国民的ソングとして愛されたビョン・ジンソプの『希望事項』とも比較されている。“ジーンズにフードつきTシャツがよく似合って、ぽっちゃりしていても目がいくそんな男”などのような歌詞が『希望事項』と似ていて、“2013年バージョンの希望事項”と呼ばれている。

一方、『可愛い男』で音源チャートをさらっているJUNIELは26日、KBS(韓国放送公社)第2テレビの音楽番組『ミュージックバンク』で初めてのカムバック舞台に立つ。





Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 26日 09:42