[K-POP] 「怠け者で汚い」…歌手PSYの元ルームメートが過去を暴露

「PSYは当時、怠け者で汚かった」

米国メディア「Business Insider(ビジネスインサイダー)」は、PSY(サイ)のボストン大学留学時代に彼のルームメートだったと主張する情報提供者の電子メール内容の一部をウェブサイトを通じて19日、公開した。

同メディアは「1996年、PSYがボストン大を自主退学した当時の彼の姿は?」というタイトルの記事で「PSYは太っていて怠け者、そして汚い韓国男子学生だった」という元ルームメートの電子メール暴露文を伝えた。

この情報提供者は「PSYが音楽に心酔して学業に興味がなく、授業に出席さえしなかった」と明らかにした。また「1997年からボストンでPSYと一緒に暮らした」とし「家が裕福なPSYは生活に困難はなかったが、授業の大部分に出席せずF(不合格)の単位を受けていた」と当時を振り返った。

彼は「周囲はPSYに『目を覚ませ。お前みたいに不細工な顔では芸能界で成功できないぞ』と話して、彼の膨らんだ頬の肉をつまんでいたずらをしたこともある」と語った。このような意地悪な冗談に対し、PSYはきっぱりと「成功する。俺はスターになる。今に見てろ」と話していたと情報提供者は付け加えた。

一方、PSYは昨年、英オックスフォード大学の演説で自らを落第生だったと明かしていた。PSYは1996年にボストン大学に入学して6カ月間のランゲージコースに通っていたことが分かっている。しかし自主退学して同じ地域にあるバークレー音楽大に入学したが、結局、卒業できなかった。

このメディアは記事の最後に「PSYは明らかに最後の勝者だ(PSY,apparently,has had the last laugh)」と伝えた。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 04月 25日 09:42