[映画] 12万観客突破『チソル』全国35館CGVで特別上映

12万観客を突破し、韓国独立映画の歴史を新たに書き換えている映画『チソル(原題)』がCGVの『ムービーコラージュディ』上映作として選定され、CGVのいくつかのマルチプレックス劇場で上映される。

『ムービーコラージュディ』は多様性映画ブランドであるムービーコラージュの代表作を、その劇場だけでなくCGV一般劇場にまで拡大上映するイベントで、来月7日から毎月開催される。

『ムービーコラージュディ』はアクセシビリティに優れたマルチプレックスの長所を最大限に活用し、多様性映画の底辺を拡大しようと準備されたイベントで、毎月初週火曜日夜8時にムービーコラージュ劇場を含む、CGV龍山(ヨンサン)、往十里(ワンシムリ)、永登浦(ヨンドンポ)など全国全30劇場で行われる。これにより最初の上映作である『チソル』は来月7日CGVの劇場で観客に会うことになる。

『チソル』は昨年釜山国際映画祭『CGVムービーコラージュ賞』受賞作としてムービーコラージュが封切前より試写会と企画展を開催、スクリーン広告無償支援など積極的なマーケティングを支援してきた。その結果『チソル』の全体観客中、約30%がムービーコラージュを通じてこの映画を観覧することになった。

CGVムービーコラージュ劇場チームハン・スンヒチーム長は「『ムービーコラージュディ』は1日、ムービーコラージュの20館電撃拡大以後、多様性映画の底辺拡大のためのムービーコラージュのまた新たな試み」「『チソル』と同じ、すでに認められた名作多様性映画を発掘し、上映機会を拡大することで映画産業全体の健全な土壌を作ることに貢献しよう」という趣旨を伝えた。




Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 04月 25日 18:59