[ドラマ] 俳優ソン・スンホン、恋愛告白「好きな人に振り向いてもらえない」


俳優のソン・スンホンが「好きな女性には誰よりも積極的にアタックする」と話して目を引いた。

ソン・スンホンは23日午後、京畿道(キョンギド)の楊州(ヤンジュ)文化動産で開かれたMBC(文化放送)の水木ドラマ『男が愛するとき』の記者懇談会で、「ソン・スンホンを拒絶する女性はいるか」という取材陣の質問に「もちろんだ。振り向いてもらえないことがよくある」と答えた。

続いて「自分が愛した人が別の男を見ているという残念な状況によく遭遇する。積極的にアタックしても、ドラマで共演している女優シン・セギョンの役のように絶対に振り向かない人がいた」と正直に語った。

また「自分が演じたハン・テサンというキャラクターはタフな部分が多い男だ。しかし愛する女性の前では少年のような純粋な部分が出てくる」とし「実際にもハン・テサンのように好きな人には積極的にアプローチしていく方だ。付き合いながら徐々に好感をもつというよりは、一目ぼれして恋に落ちる」と告白した。

『男が愛するとき』は、すれ違う4人の男女の恋愛物語を描いた正統メロドラマ。劇中、ソン・スンホンは事業家のハン・テサン役を演じ、1人の女性だけを愛する純情キャラクターを熱演している。

シン・セギョン、ヨン・ウジン、チェ・ジョンアンがすれ違うロマンスを描き、視聴者の心を切なくさせている『男が愛するとき』は、俳優の熱演やドラマ『赤道の男』『太陽の女』などを執筆したキム・イニョン作家の確かな物語性に支えられ、水木ドラマの同時間帯視聴率で1位を記録している。




Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 04月 24日 17:58